生ギターのたのしみ

 

9月になりました。京都は、朝晩はけっこう涼しくなり、早くも秋の気配がしてきました。

皆さまの街にも秋の訪れはやってきているでしょうか。

 

さて、秋は湿度も下がるので生楽器の鳴りがずいぶんと良くなる季節でもあります。

僕のギター(Martin OM-28v)はもともとは完全な生ギターでして、ステージでアンプリファイするために、あとづけでFISHMANのレアアースブレンドというアコギ専用のピックアップを備え付けています。ですが、このところは生ギター本来の鳴りを楽しもうと思ってピックアップを外しています。

これがなかなか良くて、どうしていままでそうしなかったんだろうという感じです。

 

レアアースブレンドは、ピックアップシステムとしてとても良くできたピックアップ(例えばピックアップとコンデンサーマイクの比率をブレンドして出力できるところ)だと思うのですが、サウンドホールにはさむタイプなのでどうしても表面板の振動を抑えてしまいますし、サウンドホール自体の面積も小さくしてしまいます。これが出音に影響しない訳がなく、本来の生鳴りを楽しむにあたっては出来るかぎりギターには何もつけない状態が楽器としては理想です。

 

そういうわけで、ピックアップを外して弾いてみたのですが、しばらく弾いていると「おやっ」と感じるほど出音の違いを感じることができました。まずギター自体の振動が大きくなり、音のレンジが広がりました。一音一音がクリアに響いて、深みが出た印象です。ピックアップをつけるつけないでこんなにも生鳴りに変化があるのかと、すこし驚きました。

 

ですので、これからしばらくはピックアップは使う時だけ装着して、それ以外ではピックアップをはずして本来の生鳴りを楽しみながら弾こうと思っています。(このギターは音についてほんとうにいろいろなことを教えてくれる楽器です。)

 

このMartinを使い始めてもうすぐ10年。

これからの音の成長がますます楽しみです。

 

 

名カバー

 

名曲の名カバーを二つご紹介します。

 

まずは一つ目。「The Weight」/ John Denver

「Take me home, country road  (邦題 『故郷へ帰りたい』)」で知られるJohn DenverがThe Bandの名曲「The Weight」(1968)をカバーしています。僕のなかでジョン・デンバーは古きよきアメリカのカントリーシンガーというイメージであまりロックの印象がなかったのですが、このバージョンは別モノ。原曲の勢いそのままに、ジョン・デンバーがめちゃくちゃロックしてます。このテイクのバンド・サウンドもとてもバランスが良くて、聴きやすいです。僕はこのバージョンをダウンロードアプリで発見したのですが、アルバムには収録されていないかも知れません。

 

2つ目。「Mr.Bojangles」/ Nina Simon 

「Mr.Bojangles」という曲はJerry Jeff Walkerというアメリカのシンガーソングライターが1968年に発表した、アメリカでは知らぬものなしというカントリーの名曲。監獄で出会ったMr.Bojangles というお爺さんの物語が主題です。カバーしているのはNina Simon。NinaSimonのまるでアルト・サックスのような伸びやかな声が、静かなバックバンドのなかでしっとりと響いて、なかなか心に沁みるカバーとなっています。

 

今回は洋楽のご紹介でしたが、

邦楽のオススメカバーもまた機会があればご紹介したいと思います。

 

 

odonaさん2回目無事終了〜!

 

無事に淀屋橋odonaさんでの演奏を終えました。

 

お仕事帰りのサラリーマンやOLの方々、みなさんお忙しいところ

 

足を止めて聴いてくださって本当に嬉しいことでした。

 

ありがとうございました。

 

PREMIUM STREET LIVEということで

 

音響も照明もぜいたくに使わせてもらいました。

 

スタッフの方々にも心から感謝です。

 

ありがとうございました。

 

もうすぐ夏も終わり。

 

まだまだ暑い日が続きますが、体調管理に気をつけて

 

最後まで夏を楽しみましょう!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

本日のオススメ

 

 

「PAT METHENY /ONE QUIET NIGHT」

 

ジャズギターの天才パットメセニーがおりなすソロギターアルバム。

これを聞いた時は僕のなかのギターサウンドがちょっとひっくり返るぐらい影響を受けました。

夜、眠る前に静かに聴きたい時に

オススメ!

 

明日、淀屋橋odonaさんにて



夏もラストスパートですね。
明日、今月ラストの演奏です。
淀屋橋odonaさんにて2回目のステージとなります。
夏の陽射しに負けないように演奏したいと思いますので、
お時間あります方はぜひお立ち寄り下さい!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2017/8/25(Fri) 
START 【1st】17:30 【2nd】18:30
-森田大地&大江和基-
odona PREMIUM STREET LIVE
@大阪淀屋橋odona
odona HP ⇒http://www.odona.jp/
観覧無料!!(雨天中止)
住所 大阪市中央区今橋4丁目1

IN YOUR MORNING

「 IN YOUR MORNING 」(2:10) 

 

新しいテイクを作りました。

 

ピアノとギターのミックスです。

 

朝のさわやかな日差しをイメージして作りました。

 

ぜひぜひお聴き下さい!

 

(2017.8.23 録音)

 

written by moritadaichi
played by moritadaichi
piano:YAMAHA p-105

guitar: navigator N-ST-ALR
PC: Mac book pro

soft: LINE-6 UX1

 

  

本日のオススメ

「醒めない」(スピッツ)

 

スピッツ、あいかわらずいいですねー

バンドサウンドがさらに強化されている感があります

オススメ!

 

手描きアルバム

 

学生のころは、お金もないので

 

CDアルバムはもっぱらTSUTAYAでレンタルしてCDに焼いていました。

 

そんでもって自分で勝手にアルバムジャケットを描いていました。

 

今思えば、よくそんな時間があったなあと思います。

 

あとアルバムのチョイスがだいぶパンクよりです。。

 

  

Bluetooth

 

最近、イヤフォンにBluetoothを導入しました。

採用したのは、PHILIPSのTX2B。

いやーなかなかいいです。

原音に忠実で、クセのないクリアなサウンドです。

そしてなんといってもワイヤレスという魅力。

一度慣れると元に戻れなくなってしまいました。

 

Bluetoothの課題は

・バッテリー充電が必要なこと

・ほんの僅かにタイムラグが発生すること

 

この2点を克服したら、レコーディングの現場でもBluetoothが一般的になるのではないかと思っております。

 

 

 

フィルム写真


久しぶりに古い写真を整理していました。

全部、フィルム写真です。

デジタルカメラはとても便利だけれど、フィルムカメラみたいな味はなかなかでませんね。

(写真解説)
左上 2000年頃。家族旅行で訪れたインドネシアの空港にて。
右上 2006年。沖縄を一人旅したとき、与那国島で撮影したヨナグニウマ。
左下 2006年。同じく沖縄を一人旅していたときに見た夕焼け。
右下 2004年。鶴見俊輔さん。大阪で行われる講演会へ出席されるときに、列車のなかで撮影。

odona live

 

昨日、無事に「淀屋橋odona」さんでの演奏を終えました。

 

夕立を心配したのですが、天候にもめぐまれ、

 

夏の夕暮れのなか楽しく演奏出来ました。

 

暑いなかお立ち寄りくださった方々、ありがとうございました!

 

odonaさんでの演奏は25日にもありますので、

 

お時間あります方はぜひお立ち寄り下さい。

 

 

本日

 

本日、大阪淀屋橋の百貨店「odona」さんにて店頭演奏です。

 

17:30と18:30のツーステージです。

 

会場は1階の野外フロアとなります。

 

地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」の10号出口と直結しているので、アクセスも非常に便利です。

 

お時間ある方、ぜひお立ち寄りくださいませ。

 

淀屋橋odonaアクセス http://www.odona.jp/access/index.html

カウンター